メニュー

画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画

花村えい子と漫画

【おしらせ】

花村えい子(漫画家・アーティスト)が2020年12月3日、永眠いたしました。
これまで応援してくださいましたファンの皆様をはじめ、
あらゆる方面からサポートいただきました関係各社、メディアの皆様に深く感謝申し上げます。

1959年のデビュー以来、60年以上にわたり、少女漫画のパイオニア、レディースコミックの先駆者として、晩年は海外への作品出品、歴史文学や挿画など、最後まで現役として活動することができました。
今後は、残された作品を通して、花村えい子が伝えたかった思いを一人でも多くの方に届けていきたいと思います。

引き続き皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

1964年の東京オリンピックから溯ること5年、
花村えい子(1929-2020)はマンガ家としてデビューしました。
大きな瞳にキラキラの星、カラフルな髪の色、世界の人に愛されている少女マンガのスタイルを
いち早く描いたひとりで、その作品は多くの少女たちの心をとらえました。
やがて、レディースコミックでは優れた文芸・ミステリー原作を、マンガとして表現していきます。 先駆者、花村えい子の活躍もあって、その後の女性マンガ家の道は広がっていったのです。 少女マンガの歴史を探る貴重な資料やカワイイ空間で、花村えい子の世界へと誘います。

EVENT

画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画

2021.8.7(sat)-9.12(sun)
9:00~17:00(入館は16:30まで)

埼玉県川越市 川越市立美術館

【開催期間】
2021.8.7(土)-9.12(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
【会場】
埼玉県川越市 川越市立美術館 
TEL 049-228-8080
「花村えい子と漫画」展示紹介ページ
【入館料】
一般600円 / 大学・高校生300円 / 中学生以下無料
  • ※団体料金(20名以上)一般480円、大学・高校生240円
  • ※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料。
  • ※「川越きものの日」にちなみ、毎月8、18、28日に着物で来館された方は、団体料金が適用されます。
【休館日】
月曜日( ※8/9(月)は開館、翌8/10(火)休館 )
【交通アクセス】
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2-30-1
最寄り駅 JR埼京線/川越線・東武東上線「川越駅」、西武新宿線「本川越」
イーグルバス、東武バスがございます。
アクセス詳細は川越市立美術館・交通案内ページをご覧ください。
【駐車場案内】
駐車場は美術館の向かい側です。約50台収容可能です。
障がい者用の駐車場は敷地内にあります(8台)。

「花村えい子グッズ」
公式ストアオープン!

画業60周年を記念した
「花村えい子と漫画」展の公式グッズ他、ここでしか手に入らない
オリジナルグッズを販売しています。


花村えい子グッズ公式ストア

Archive

Profile

花村えい子

花村えい子 マンガ家・アーティスト

社団法人日本漫画家協会 名誉会員
フランス国民美術協会SNBA 正会員

少女マンガのパイオニアのひとり。1959年、貸し本向け単行本『虹』に『紫の妖精』を描いてデビュー。 雑誌デビューは、1964年『なかよし』(講談社)での『白い花につづく道』。少女雑誌、学年誌などに掲載される他、可愛い少女イラストがコミック誌の付録やショウワノート等文房具のキャラクターに使われ、少女達の心をつかむ。その後読者の成長に合わせ、少女マンガを抒情的に物語として充実させ、近年はレディースコミック誌に山村美紗、連城三紀彦、内田康夫原作の文芸作品や古典を題材にした作品を発表。代表作は『霧のなかの少女』、『花影の女』、『花びらの塔』など。2019年に画業60周年を迎えた。国内外問わず次世代からも注目を集める日本人アーティスト。

花村えい子サイン

香蘭社 マグカップ
~画業60年記念~

4,000円

2個セット 7,000円

なつこ ボックス 小

700円

はるこ ボックス 中

1,000円

「花村えい子と漫画」
トートバックM

3,000円

「花村えい子と漫画」
トートバックL

3,500円

「花村えい子と漫画」
Tシャツ

4,000円

S/M/Lサイズ

うららTシャツ クリーム

3,000円

S/Mサイズ

うららTシャツ ピンク

3,000円

XS/S/Mサイズ

おめめ Tシャツ ミント

3,000円

S/M/Lサイズ

おめめTシャツ グレー

3,000円

S/M/Lサイズ

 

instagram